新人教育を任されたら?教育係として押さえておくべきポイント

何に注意して指導すれば良いのか

正しいマナーを教えよう

会社には何人か、新入社員が入ってくると思います。
仕事のやり方や、社会人としてどう振舞えば良いのか教えなければいけません。
自分が急に、教育係として任命される可能性があります。
新人を上手く教育できないと、自分の責任になるので注意しましょう。
教育する時に教えなければいけないことは、マナーです。
社会人のマナーは、学生のマナーとは異なります。
それをしっかり、新人に理解されましょう。
それから仕事の方法などを教えてください。

また文章を校正する能力や、プレゼンテーションする能力が仕事で重要になります。
どこに注意して文章を作成すれば良いのか、具体的に教えましょう。
教育する時にしっかり教えることで、新人が優秀な人材に育ってくれます。
数年後には、会社を引っ張る存在になるかもしれません。
そうなると嬉しいですよね。
仕事をする時に欠かせない能力は。他にもまだまだあります。
全て伝えてください。

また専門的な能力が必要になる現場もあると思います。
初めて扱う機会の操作方法なども、教える必要がありますね。
機械によっては、操作方法を間違えると命の危険に見舞われるケースもあります。
危険な機械を扱う際は、正しい使い方と共に危険性も十分伝えておきましょう。
また営業の場合は、セールス力が必要になります。
専門分野によって教える能力が異なるので、何を伝えれば良いのかよく考えてください。
教育が上手くいかないと、新人がすぐ辞めるかもしれません。

新人に教える際の注意点

新入社員の中には、まだ学生気分の人が見られます。 その状態では、円滑に仕事を進めることができません。 仕事のスキルより、マナーを教えることの方が大切です。 どこに行っても、恥ずかしくない人になるようマナーを伝えましょう。 社会人の自覚を持たせることにも繋がります。

スムーズに仕事を進めるコツ

マナーを十分に教えたところで、ようやく仕事のことを詳しく教えることができます。 複数のことを伝えなければいけませんが、一気に説明すると新入社員が理解できません。 順番に教えてください。 書類を作成する方法や、自分の意見をプレゼンテーションする時に必要なことを伝えましょう。

業種に合っている能力を伝えよう

製造業なら、特殊な機械を使います。 機械の使い方を教えないと、仕事ができません。 扱う時の注意点も、忘れずに教えてください。 営業職は、人とのコミュニケーションの取り方が重要です。 新入社員は知らないことが多いでしょうから、自分の知っていることを全て伝えましょう。

TOPへ戻る