何に注意して指導すれば良いのか

新人に教える際の注意点

基本的なあいさつはできるようにする

最も社会人として重要なことは、あいさつです。
取引先の人に合った時も、あいさつから始まります。
新入社員の中にはあいさつができない人が見られるので、きちんと教育してください。
また会社で働く時には、様々な年代や地位の人と関わります。
目上の人に対する、敬語の使い方も早く教えておきましょう。

そのぐらい、すでに知っていると思って説明を省く人も折るでしょう。
ですが意外と敬語の使い方が、できていない新入社員が多いので注意が必要です。
相手に対して、失礼な態度を取ってからでは遅いです。
教育係が、指導しなかったことが原因だと、責められるかもしれません。
早めに社会人として、基本的なマナーを教えることをおすすめでします。

社会人の自覚を持たせよう

会社に入社してからも、学生気分の新入社員が見られます。
そんな気分では、仕事を上手く進めることができません。
社会人になれば、学生の時は許されたことが許されなくなります。
特に締め切りを破ったり、決められた時間に遅刻したりする行為はいけません。
学生気分のうち大丈夫だと思って、時間や決まりを守らない新入社員がいるので指導してください。

最初は優しく注意する程度で良いですが、新入社員に反省の色が見られなかったり、何度も繰り返すようなら怒ってください。
教育係が全く怒らないと、新入社員が調子に乗ります。
ここはもう学校ではないことを、時には厳しく教えてください。
すると新入社員は理解するので、これからは約束や時間を守るでしょう。


シェア
TOPへ戻る