何に注意して指導すれば良いのか

業種に合っている能力を伝えよう

機械の使い方や危険性

新入社員にとって、初めて見る機械を使うかもしれません。
いきなり仕事を任せても、扱い方が分からないので不可能です。
適当に操作すると、失敗して大きな不利益が出るので最初に使い方を説明してください。
その時、新入社員にメモを取らせましょう。
1回の説明で、全て理解できるとは限りません。
何度も説明をするのは疲れますし、新入社員に良い影響は与えません。

メモを取らせることで、自分で振り返って確認できます。
機械の危険性も、十分に伝えましょう。
安全に操作しないと、自分の身が傷つく可能性があると言ってください。
すると、緊張感を持って仕事に取り組めると思います。
脅す必要がありませんが、危険性を伝えることは非常に重要です。

コミュニケーション能力の重要性

営業の仕事は商品の良いところを説明して、お客さんに買ってもらうことです。
コミュニケーション能力が低いと、お客さんに良いところを説明できません。
新入社員の中には、コミュニケーションを取ることが苦手な人もいると思います。
そんな人のために、どうすれば上手く会話ができるのか教えてください。
まずは何気ない会話から入って、安心感を与えるのがコツです。

またセールスをする時は、メリットをたくさん伝えたり、比較することが重要です。
例えば掃除機の場合、従来の製品ではこれしかゴミが取れなかったけれど、最新の製品ならもっと多くのゴミを集めることができるなど、具体的に説明することで、セールスが成功しやすいです。
コツを新入社員に伝えましょう。


シェア
TOPへ戻る